横暴な官僚

日本からの電話で大変な事になると慌てた声です。
出演先変更を依頼して許可を受けているのに・・・領事館に指し止めをする様にとの指示です、一体何事かと・・・今、色々と悪いプロモーターがいて違法に飛ばしてるらしいですがそれと同じにして貰っては困ります。が、一度言い出したら官僚の事多分自分の非は認めないでしょう。
可哀相なのは真面目なタレント達です。長い時間を掛けて審査されやっとVISAが下りたのに店が持ち堪えられなくて行き場を失って・・・行き先をこちらでお願いし何とかと。私も急遽フィリピンに戻り準備を急がせて・・・この経費は?誰が責任を取ってくれるのかと。
なぜ、前もって相談し動いているのにそんな事になるのか?解りません。余りにも横暴だと存じます。こちらのエージェンシーのオーナーももうプロセスを始めてタレントも喜んで準備に掛ってると、「ごめんなさい」では済まない事なのです。
それに会社の存続にも関ります、どこまで虐められるのかと思い遣られて。やっと光が差してと思ったのも束の間?なのでしょうか、頭の痛い問題です。10名の行き場に、彼女達に申し訳なくて・・・入管の人々の前で「もう遣って行けない」と自殺でもすれば納得してくれるのでしょうか?今回の法務局の諸問題は大勢の自殺者を出したと聞き及びますがそんな事には一切触れず・・・目の前で自殺でもしない限りは長く真面目に仕事をしてきた会社は救われません。
そんな事を考えながら眠れぬ夜を過しました。
a0033547_9494829.jpg

[PR]
by orchidvillage | 2006-11-03 09:49
<< 朝から一日中 爽やかなホーリーウィーク >>