ご無沙汰でした。

今回の出張は楽しみにしていたのですがトンでもないアクシデントに見舞われ最悪でした。出発の朝メールが入り助手代わりに仕事を教える積りのAが昨夜から入院でキャンセルと、当日のキャンセルですから大変です、旅行社その他連絡その他に追われて・・・バタバタ劇で忘れ物はするし・・・これが始まりでした。(爆笑)
朝スタッフに伊丹まで送って貰い一人で出発、新潟空港で前回インドネシアを紹介して下さったM氏が迎えて下さり他の二名と同行です、互いに紹介しあい和気藹々で余り遅れる事も無く出発現地に到着ですが入管を通過するのに時間を要し現地の方の迎えと出会いホテルへ着いたらpm10時(現地時間)時間差2時間ですからお腹も空き直ぐに食事を取り明日の予定を組んでホテルの中でショーを遣ってるクラブへ出向き1時間のショーを堪能して部屋へ疲れておりましたので早くお風呂に入り就寝です。
朝食は9時の約束です、目が覚めて足が痺れておりますが変な寝方をしてたのだろうと思いながらベッドから降りようと足を突いたらそのままドテッと転んでしまいました。嫌と言うほど背中を強打声も出ず起き上がれず30分・・・痛いのを我慢しながら他の方々に迷惑を掛けてはいけないと必死の思いで身繕い、化粧をしました。激痛が走りますが仕方がありません、何とか約束の時間に間に合いました、たっぷり二時間を要しておりました。「どうしたの?」心配をして下さいますがどうしようもありません、訳は話しましたが仕事です車にも乗らなければなりません、激痛と闘いながら仕事をこなし食事を取り(昼食は接待され)一旦ホテルに戻りまた遠くから出てくる子を待ちオーデション、今度は我々が接待と部屋へ着いたら10時です。M氏が塗り薬を下さり塗ってはいても痛くてどうしようもありません。ベッドに横になれない・・悪戦苦闘で何とか寝るのですがうとうとだけです。そしてまた次の朝・・・同じ様な事の繰り返しで散々な出張です。
ロシアの町並みやアムール川の雄大さ向かいの中国など写真に取りたいのですが何も出来ません。痛いだけの出張に自分でも何でこんなにドジなのかと嫌に成ってしまいました。他人様に不愉快な思いだけはさせてはいけないので少々の事は我慢出来ますがやはり「ウッ」声が漏れます、必死でした。トンだ出張で綺麗なロシアの町並みが写真に取れなかった事が残念でなりません。
帰国をしたのは23日ですが迎えに来てくれたスタッフも驚いて病院へと言いますが夜ですし次の日は土曜日運が悪いとはこの事です。娘が心配して湿布とコルセットを持って来てくれて・・・今日は随分楽になりましたが無理は禁物のようです、今は疼いております。机の上での作業やメールを打つ事はダメなようです。(笑)暫くは大人しく致しましょう。
[PR]
by orchidvillage | 2005-09-26 14:54
<< ご心配を・・・申し訳ありません。 母には会えず・・・ >>